*

クリエイターにとっての個性とは何か

公開日: : 最終更新日:2014/03/16 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション, 近況報告、その他

Supported by


先日頂いたブログのコメントで、「いかに個性を出すか」ということについてお話をしたので、
今回は画家にとっての個性という話をしてみたいと思います。

まず、私は、個性というものを、
いたずらに発揮していけたらそれで良いものだと思っておりません。

この個性というものが商業ベースに乗るという前提で言うならば、
個性とは、結果的な形で個性的だと言われなくてはならないのではないか、と思います。

さらに詳しく説明をすると、私たちは、
今商業的な要素を含み、
かつその中で真実として光っているものを打ち出して行きたいということを願って、作品を制作しております。

133471139710913118619

これは、結果どう言った形で個性が発揮されるかというと、クリムトの絵のように、
商業ベースに乗った上で普遍的な価値というものを打ち出して行くということになるわけです。

こういうたとえ話の上で、改めて個性というものを振り返って見た時に、
やはりその個性というものを打ち出して行く、ということも大事ではありますけれども、
それ以前の段階でエゴイスティックな考え方で作品に向き合ってはならないということが言えると思います。

img_1614265_53371558_5

要は個性はその人自身の考え方そのものであり、その人自身が作品の中に表されている、ということだと言えます。

私自身、絵画を通して真実というものを打ち出そうと努力しておりますが、まだまだ力及ばず、作品の出来も中途半端なものになってしまったり、個性というものに欠ける描写が多くなってしまっています。

作品の制作スピードを優先しすぎた結果であると思い、
これからは自らの個性というものともっと真剣に向き合っていきたいと思います。

それが最終的には外的世界と対比しても遜色ない出来の作品というものを、
生み出していくのではないかと信じているものです。

コメントを残す

Supported By



「絵画における下地の話」と「感動できない体質になってはいけない」という話

このブログは「私自身を知ってもらう」という目的と「自分の思考を整理する

作家活動6年目を迎えて想うこと

私が絵画を中心として、本格的な活動を展開させようと志したのはちょうど今

現在の活動の現状と将来への布石

今年の末に「来年の抱負」のようなものを上げていたと思います。 あれは

昨今のアーティストへの問いかけ③「表現に限界を作るな」

一年ぶりにこのタイトルに立ち戻りました。 以前2回に分けてこの「

【2018年以降】今後の活動について

皆様こんばんは、こんにちは、あけのみつたかです。 今年は制作活動

→もっと見る

トップへ戻る ↑