*

Supported by

「 近況報告、その他 」 一覧

新規に作品を追加しました

新規に作品を追加し、今年の抱負としてあげた「よりアーティスティックな作品を作る」ということも佳境を迎えております。 今年も二科展への出展をイメージしているのですが、来年開催を構想している個展への作品

続きを見る

芸術家の立場からみる「表現の自由」とは

春は程近く、紅梅の香り高らかに、天高く延びる枝は、まるで月夜に掛かる天のはしごのようにも見えます。 皆様方も、すぐ近くまで歩み寄る春の香りを感じておられると思います。 見上ぐれば、満天の星

続きを見る

東急リバブル田園調布センターにて作品を展示販売します

先日販売委託先であるアートメーターさんから「門出展」の入選について連絡がありました。 以前紹介した「Illusion to Europa」の連作の一部が2015年2月26日(木)~4月20日(月)の

続きを見る

発酵薬膳&カフェの「kawasemi」で作品を展示します

最近当サイトもブログ記事の更新頻度を下げ、より「高密度」な記事を増やしていくような流れになってきています。 実際にこのサイトを開設してから、1年の月日が流れ去りました。その間、様々なことを思い、発信

続きを見る

門出展へ出展します

新しい年を迎えて二回目の投稿です。 私の作品を展示販売させて頂いている販売先で開かれる展示会「門出展」へ出展しました。 購入を検討いただいていた方には大変申し訳ございませんが、今作品は東急

続きを見る

作品を4作追加しました

最近このサイトへのアクセスも増えてきており、これだけ多くの人に見て頂いていることをとても嬉しく思っています。 今年2014年も残り僅かとなりました。皆さんはどうお過ごしでしょうか? 私は公

続きを見る

アートにおける生産性とはなにか

最近、制作活動を続けていく中で効率の悪い部分とそうでない部分とで切り分け、さらにシンプルな制作活動を行えるようになってきました。 しかし、そのシンプルな制作活動を続けていく中でひとつの疑問が浮か

続きを見る

『Illusion to Europa』の第三弾が完成しました

エウロパをテーマにした一連の作品が完成しました。今回の作品は前回のイメージを踏襲するものになったかと思います。 「Illusion to Europa(エウロパへの幻想)」の魅力とは? エ

続きを見る

『Illusion to Europa』の第二弾が完成しました

先日制作した「Illusion to Europa(エウロパへの幻想)」がどうも気に入らなかったので回収後、加筆修正し終わりました。 Illusion to Europaに込めた思いとは?

続きを見る

作品をご購入いただきありがとうございます。

先日販売委託先に掲載されていた作品が購入されました。ご購入いただきありがとうございます。 作品の詳細のディティールについてはこちらから確認することが出来ます Butterfies No.3

続きを見る

Supported By

作家活動についての近況

皆さんこんにちは、あけのみつたかです。 ここ数年、作品制作の頻

芸術の存在意義とは

人には言葉にできない領域というのがある それはどの人にも、必ず

今年の振り返り【展示・販売編】

本来こういう形でマーケットの現状とか、展示・販売に関すること話をする

今年の振り返り【制作編】

今年は小さいながらも前進できた一年でありました。 まだ芽は出て

新しい芸術の方向性とは

以前私は「絵画と芸術の方向性とは」という内容を掲載しました。

→もっと見る

トップへ戻る ↑