*

Supported by

「 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション 」 一覧

縫い針の通し穴に彫刻が!?世界最小のマイクロアートを手がけるウィラード・ウィガン氏とは?

もしも最小単位のアートがあったとして、それが針の先ほどの小さな世界であったとしたら・・・ 英国出身の彫刻家、ウィラード・ウィガン氏は、縫い針の通し穴の中に収まるほどの小さな彫刻を制作することで有

続きを見る

芸術家の立場からみる「表現の自由」とは

春は程近く、紅梅の香り高らかに、天高く延びる枝は、まるで月夜に掛かる天のはしごのようにも見えます。 皆様方も、すぐ近くまで歩み寄る春の香りを感じておられると思います。 見上ぐれば、満天の星

続きを見る

東急リバブル田園調布センターにて作品を展示販売します

先日販売委託先であるアートメーターさんから「門出展」の入選について連絡がありました。 以前紹介した「Illusion to Europa」の連作の一部が2015年2月26日(木)~4月20日(月)の

続きを見る

発酵薬膳&カフェの「kawasemi」で作品を展示します

最近当サイトもブログ記事の更新頻度を下げ、より「高密度」な記事を増やしていくような流れになってきています。 実際にこのサイトを開設してから、1年の月日が流れ去りました。その間、様々なことを思い、発信

続きを見る

ルネサンスの絵画の美しさは構図にあり?神秘思想と構図理論の意外な共通点とは?

近年、絵画技法としては既に消滅してしまった技法を再現する試みや古代の技法の持つ独特の雰囲気を活用しているアーティストが登場してきています。 特に、ルネサンス期を最後に話題から姿を消した「三角構図」や

続きを見る

門出展へ出展します

新しい年を迎えて二回目の投稿です。 私の作品を展示販売させて頂いている販売先で開かれる展示会「門出展」へ出展しました。 購入を検討いただいていた方には大変申し訳ございませんが、今作品は東急

続きを見る

教養としての「感性」の大切さ

最近私のサイトでは話題性の乏しい内容が多くなっています・・・(笑) しかし、私自身の制作ポリシーとしても、これからを生きる人達にのためにも、「アートとはなにか」ということを明確に文章として残して

続きを見る

作品を4作追加しました

最近このサイトへのアクセスも増えてきており、これだけ多くの人に見て頂いていることをとても嬉しく思っています。 今年2014年も残り僅かとなりました。皆さんはどうお過ごしでしょうか? 私は公

続きを見る

アートにおける生産性とはなにか

最近、制作活動を続けていく中で効率の悪い部分とそうでない部分とで切り分け、さらにシンプルな制作活動を行えるようになってきました。 しかし、そのシンプルな制作活動を続けていく中でひとつの疑問が浮か

続きを見る

ろくでなしこから学ぶアートの将来性とは

半年ほど前から、自身の生殖器を3Dスキャンし、ネットでデータを配布していた漫画家、ろくでなしこが公然わいせつの罪により逮捕された事件が物議をかもしています。 実際にデータを見たわけではありません

続きを見る

Supported By



「絵画における下地の話」と「感動できない体質になってはいけない」という話

このブログは「私自身を知ってもらう」という目的と「自分の思考を整理する

作家活動6年目を迎えて想うこと

私が絵画を中心として、本格的な活動を展開させようと志したのはちょうど今

現在の活動の現状と将来への布石

今年の末に「来年の抱負」のようなものを上げていたと思います。 あれは

昨今のアーティストへの問いかけ③「表現に限界を作るな」

一年ぶりにこのタイトルに立ち戻りました。 以前2回に分けてこの「

【2018年以降】今後の活動について

皆様こんばんは、こんにちは、あけのみつたかです。 今年は制作活動

→もっと見る

トップへ戻る ↑