*

フリーランスを始めて半年で感じたこと

公開日: : 最終更新日:2014/05/20 近況報告、その他

Supported by


お久しぶりです。

Mitsutakaです。

私がフリーランスを始めようと決心して早半年・・・
今までで私が感じたことをここら辺で確認しておこうかと思います。

そうすることで、これからフリーランスで活動しようとしている方たちへの
応援にもなればなぁと思います。

img_1614265_53371558_5
まず私のフリーランスになろうとしたきっかけというか、動機ですが、
はっきりいって子供じみた理由です。

それは「ほかの人と同じ事をしたくない!」です(笑)

夏休みのうだるような暑さの中、当時学生だった私は、進路のことについて悩んでおりました。

美術大学に進学することで、デザイナーとしての技術や、
また芸術家の卵たちとのコネクションを作ろうかと考えておりました。

ですが、ふと考えたのは、

「美大に行っても、結局は自力で道を切り開くしかないんじゃないか?」ということです。

その予想は大当たりでした(笑)

時々倦怠期に入って、怠けてしまうのは情けないことですが・・・

やはり大学生になると自力で何でもやっていかないと誰も引っ張ってはくれないので、
学費が浮いて、時間も節約でき、結果として私はよかった思います。

コメントを残す

Supported By


夢日記で気づいた「夢の種類」と「夢の活用術」について

おそらく10年ぐらいだろうか、夢日記を付け始めてそのぐらいになる。元

「自分の表現に責任を持つこと」の意味と意義について

これからの作家に必要なことを挙げてみようと思う。 作家にとって

私のインスピレーションの淵源について

読書の習慣は発想が枯渇しないようにと始めたが、こと、絵に関しては絵

アートの存在意義とは

作家活動十年目にして今思っていること、これからやりたいことなどを端的

あけのみつたかのステートメント【深層心理のテーマ】

私は先日、9年前にこの道に入るきっかけとなったある事件を話しました。

→もっと見る

トップへ戻る ↑