*

個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』


■あけの みつたか 個展「Eternity」

2016年の個展「望月の宵の宴」から一年以上描き続けた、未発表作を含めた20作品を用意しております。

時代を越えても人気が高い作品に共通する「アートの普遍性」に迫った今展示。まさに「永遠」を冠するにふさわしい作品たちを是非その目でご覧ください。

■作家紹介

あけの みつたか/Mitsutaka Akeno

2012年4月 絵画制作活動を開始。

2013年8月 第98回二科展 入選

2014年

4月 HS芸術祭 入選

4月 東急ハンズが母体の絵画販売店での展示、販売活動を開始。

8月 第99回二科展 出展

9月 グループ展「ASOBI ISM(アソビイズム)」

11月 絵画販売店で人気作家ランキングにランクイン

2015年

初頭「薬膳&カフェ kawasemi」にて初個展

3月 東急ハンズ主催「門出展」

8月 第100回記念二科展 入選

2016年

2月 モナコ公国と日本国の共同文化事業である「モナコ・日本芸術祭 2016」に参加、モナコ公国レーニエ3世オディトリウムにて作品「大笑い」を展示

6月 個展「望月の宵の宴」

9月 ACT(The Artcomplex Center of Tokyo)「mini額展」

10月 WEB限定でVR技術を使った個展を開催 「望月の宵の宴」

2017年

1月 ACT(The Artcomplex Center of Tokyo)「ACTアート大賞展」

4月 銀座画廊 美の起源にて常設展示開始

4月 銀座モダンアートギャラリー 「ARTISTS’ CAFE Vol.22」

8月 ギャラリーGK~GLH 「現代美術のススメ 東西交流展 2017」

12月 銀座画廊 「美の起源展 2017」 出展

油彩と独自の版画技法によって独特な技法を駆使し、多作な制作活動を展開している。
「永遠」をテーマにした制作、展示活動を送る。

12月の個展に思うこと

今年も残すところあと僅かになりました。

以前の個展の際、ギャラリーを通して鑑賞者と作品の交流を体感致しました。

それは私一人の体験ですし、誰かに直接見せることはできません。

しかし、あれから一年経ちました。

既に作り出された作品も70作を越えています。

私の作品はより洗練され、より鑑賞者に迫った表現になっております。

まだまだ道半ば。表現したいものの1割も表現しきれておりません。

理想としては自然とか、人やその他のキーワードを当てはめるにはあまりにも壮大にして崇高、その深遠な小宇宙の先にあります。

そして、21世紀という今の時期にこそ表現したい、表現しなければいけないものがあると感じています。

そしてそれこそ、悠久の昔より、永遠の未来へとつないでいくべき「永遠の美」であると実感します。

これから、ここから、新しいルネサンスが生まれていくことを切に願いながら絵筆を握るものです。

12/4~1/31 11:00~18:00(作者在廊は12/6まで、最終日は17:00まで)

〒101-0031 東京都千代田区東神田3丁目4-12
「AreaA」GREENandARCHBLD. 5階

※JR秋葉原駅(昭和通り口)より出て総武本線沿い600m
「COFFEE HOUSE KARUDI」前を右折、
「なか卯」前を左折後90m、左手にございます。

※ギャラリーは建物左側のエレベーターよりお入りください。

https://koten-navi.com/node/84864

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

昨今のアーティストへの問いかけ①「表現に責任をもて」

このサイトも随分長い間更新できていない状態が続いていました。 それは

→もっと見る

トップへ戻る ↑