*

果てしない未来の話

Supported by


冬の肌寒い時期、どうしてもこの季節は、哀しい気持ちになります

それは外的な要因でそう感じるとか、疎外感とか、絶望とか、そういったものとは全く違った感情です。

春は揚々とし、草木は華やぎ、空気は、熱を帯びて輝いています

そういった季節には浮かれ、共に自然のままにあるのも良いと思います。

しかし、冬の肌寒い季節、雪積もる部屋の中、一人感じる「哀しさ」にもまた、一定の意味合いがあると思います。

この哀しみの意味は「孤独」です。

そしてこの孤独の中に、人間として、最も大切な意味があると私は思います。

この孤独は、誰かと共にいるから晴れるとか、そういう意味での孤独ではありません。

誰かと浮かれ騒ぎ、忘我のうちにも、この孤独が晴れることはないでしょう。



だからこそ「哀しい」のです。

それは、自分自身の内的な存在が、あらゆる手を尽くしてアプローチしようとしているということだと思います。

今まで、誰一人、見ることも、触れることもできなかった内的な空間が、非常な哀しみを伴って流れてくるその言葉の中に、想いの中に、行動の中に、大いなる情熱が秘められているものだと強く確信するのです。

その悲しみの意味を、ただの一人も理解することなく、流れ去っていく時間の中に「孤独」という言葉の旋律が、静かに流れているのです。

芸術という、一見単純で、インスピレーショナブルな世界で生きていて、特に感じるのはこの「孤独」の底にあるものなのです。

私が表現したいことの一割にも満たない作品たちでさえ、陽の目を見ずに、今も眠っています。

それは、その先にある、本当に表現したいものを阻害する大きな要因となっています。

しかし、私は、それがたとえ解消されようとも、本当に表現したいものに辿り着くことはないでしょう。

なぜなら、全てのものは有限であり、時間とともに流れ去っていくからです。

それでも私は、それを表現したい、多くの人に伝えたい、伝え尽くしたい。そういう想いが溢れて、憚ることなく、続いているのです。



そして、これからも止まることはないでしょう。

それはこの地表の潮流に揉まれながら、静かに、ゆったりと、やがて、あの岸辺へと辿り着くことでしょう。

その時、私はこの世にいないかもしれません。

果てしない未来の話です。果てしない未来、私たちが忘れ去ろうとしている「孤独」を、やがて人々は知ることになるでしょう。

その時にこそ、物語は再び始まるのです。永遠の神秘です。永遠の神話です。そして、永遠の、「形なき言葉」として語り継がれていくことでしょう。



これが私の、私たちのやろうとしている「芸術の意味」です。

コメントを残す

Supported By


果てしない未来の話

冬の肌寒い時期、どうしてもこの季節は、哀しい気持ちになりますそれは

2018年の振り返りと来年の抱負

今年もあとわずかとなりました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

【作品紹介】新作を7作公開しました

? 「画竜点睛を欠く」の故事に倣って、実力不足で至らぬ部分を補

才能とは何か

あっという間に11月です。今年は展示活動をネットで公開する程度に控え、

挑戦し続ける人となるために

ここ最近私はスランプに陥っている自分自身を赤裸々に描写した記事をいくつ

→もっと見る

トップへ戻る ↑