*

HS芸術祭に入選いたしました。

公開日: : 最終更新日:2015/03/22 近況報告、その他

Supported by


皆様こんにちは、画家のあけのみつたかです。

 

先日HS芸術祭事務局から連絡があり、HS芸術祭に入選したというお知らせがきました。

今回お話しておきたい内容は、その日起きた不思議な出来事についてです。

その日の朝、私は枕とあまり仲が良くないので、だるい体を必死におきあげて、床を出ました。

 

その日見た夢の中で、幸福の科学のイベント会場の廊下に100号はゆうに超えるようなサイズの

金色の絵がズラリと並んでいる夢でした。

 

私はイベントの主題である先生のお話そっちのけで(泣)、その絵画を舐めるようにして眺めている、という夢だったのです。

 

ただそれだけなのですが、私は普段夢の内容を覚えてないばかりか、ましてや幸福の科学に関連するような夢など滅多に見ないのです。

 

幸福の科学芸術祭に去年出した時には12日前後にお知らせが来たので、「あぁ、ギリギリで出展願いを出したから間に合わなかったんだな」

とばかりに思っていたので、芸術祭のことはさっぱり諦めがついていたのです。

 

しかし夢の中の私はそこに、そういった場所に私の絵が飾られることを当然のように眺めていたわけです。

 

誠に不思議ですが、やはり正夢というのはあるようでございます。

しかも、本人が知らないような情報や、本人が表面的には意識していないはずのものまではっきりわかるのですからやはり不思議です。

 

ちなみに私が二科展に入選した時には、そんな夢は見ませんでした。

日本を代表する絵画展ではそんな夢を見ずに、HSでついでにやっているような絵画展では夢を見る(笑)

 

まぁこれからも色々絵画の販売なども継続していく方針ですし、広告も出稿し、新規ユーザーを獲得したいなとか目論んでいるところですので、

読者の皆様も、そのつもりでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

Supported By


才能とは何か

あっという間に11月です。今年は展示活動をネットで公開する程度に控え、

挑戦し続ける人となるために

ここ最近私はスランプに陥っている自分自身を赤裸々に描写した記事をいくつ

【作品解説】新作を4作追加しました

サイトに新作を5点追加しました。 作家自身が自分の作品の解説をす

「絵画における下地の話」と「感動できない体質になってはいけない」という話

このブログは「私自身を知ってもらう」という目的と「自分の思考を整理する

作家活動6年目を迎えて想うこと

私が絵画を中心として、本格的な活動を展開させようと志したのはちょうど今

→もっと見る

トップへ戻る ↑