*

作品をご購入いただきありがとうございます。

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション, 近況報告、その他

Supported by


今年の3月辺りから、作品を販売していたのですが、
先日私の作品が初めて購入されました。

Looftop Woman
http://www.art-meter.com/works/?ID=AW077982

はっきり言って感激です。

こういった形でも私の作品を欲しがってくれる人がいてとても嬉しいです。
ちなみに油絵なので、本格的に画家としての「仕事」と捉えています。

赤字といえど、まだまだ日本人はそこもかしこもお金持ちがいる
某モナコとは違うので、安価での販売ということにならざるをえないのでしょう。

そういった理由から、「インテリア」としか作品を捉えてくれない方が大勢いるのも現状です。

そのような中で、日本人独自の作風を海外に打ち出していくことは、
極めて困難に思われます。

しかし、日本人は、海外のアーティストさんたちのように、
ただただ派手な色を、ただただ派手な造形を、ただただ派手なテーマを、
選んで描いていてはいけないと思います。

というよりも、日本人は協調性を重視する国民性であるがために、
海外の方のように「自分が自分が」だけではほんとうの意味での日本人らしい作風というのは生み出せないと思います。

やはり小さな「協調性」ではなく、日本のみならず、
世界の人が目指して行きたくなるような、大きな意味での「調和」というものを作品に込めて行ったほうがいいと私は考えて、
今日作品を制作しております。

まだまだ足取りは遅く、道は険しく、先行きの見えないところではございますが、
信念を強く持って制作して行ったら、必ず道は開けていくと思います。

少し大きな話になりすぎましたが、先日購入の旨が記載されたメールを見た時は、
嬉しく小躍りしそうでした(笑)

また気に入っただいた作品がございましたら、購入していただければと思います。

コメントを残す

Supported By


作家活動についての近況

皆さんこんにちは、あけのみつたかです。 ここ数年、作品制作の頻

芸術の存在意義とは

人には言葉にできない領域というのがある それはどの人にも、必ず

今年の振り返り【展示・販売編】

本来こういう形でマーケットの現状とか、展示・販売に関すること話をする

今年の振り返り【制作編】

今年は小さいながらも前進できた一年でありました。 まだ芽は出て

新しい芸術の方向性とは

以前私は「絵画と芸術の方向性とは」という内容を掲載しました。

→もっと見る

トップへ戻る ↑