*

2014年は「クールビズの年」?今年の流行に乗り遅れないための「シャツ」と「パンツ」のポイントとは?

公開日: : 最終更新日:2017/10/14 Sponsored

Supported by


2014年の5月、もうすでに夏かと思うような気温が奈良では続いております。
そこで今回は、クールビズが定着しつつある今年のトレンドをご紹介していきたいと思います。

白パンツがトレンド?

white

今年はどこの百貨店に行っても、白パンツがディスプレに置かれていて、
「あぁ、推してるんだな」という印象を受けます。

今年のクールビズでは男性向けでは「白パンツ」が各社とも一押し。
昨年は緑やオレンジなどのカラーパンツが多かったが、「白はシャツがフォーマルでもラフでも合わせやすく、売れ行きがいい」(そごう・西武)という。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20140516/Jijico_9767.html

さわやかにコーディネートの幅を広げてくれるため、オススメです。「白パンツは仕事柄難しい」と気になる場合は、明るめのベージュやグレー系のパンツを取り入れてみてください。

http://jijico.mbp-japan.com/2014/05/16/articles9767.html

今年のクールビズは「サイズ感」がポイント!

001

白パンツや、爽やか目の服装というのは、サイズ感がずれていると途端に「ださい」印象になってしまいます。
また、胸ポケットの有り無しも「サイズ感」に大きな影響をあたえることもあります。

明るめの色のパンツを履いて、余計なシワがよっていたり、オーバーサイズであったりすると、それだけでだらしなく見えてしまい、かえって印象は逆効果です。
特に男性は、女性のファッションと比べて洋服のシルエットはシンプルです。サイズ感がちょっと違うだけでも印象に大きく差が出ます。ジャストサイズで、スッキリと着こなしましょう。

http://jijico.mbp-japan.com/2014/05/16/articles9767.html

胸ポケットというのは、そもそも機能性を重視して付けられたものです。それ自体はたしかに便利で、使ったことのある人は多いでしょう。
しかし、夏場はシャツ1枚。そこにペンやメガネなどを入れてしまうとシャツの上部分がだぼっとしてしまい、どうしても見た目が暑苦しくなりがちです。

http://u-note.me/note/47496844

今年は「本物のクールビズ」の年!?

img64315573

クールビズは、始まった当初はださい印象を与えましたが、年々サラリーマンにその認識が広まりつつあります。
ですので2014年の今年は「クールビズ」の年になってくるのではないでしょうか!?

また、機能性下着も好調だ。「エアリズム」ブランドを展開するユニクロでは女性向けではベージュの売れ行きがいいという。
スーパークールビズで薄着になる中、下着が透けにくいようにベージュが選ばれると、同社は見込み、今シーズン女性向けはベージュだけで4色展開したことも効果があった。

kaze-top

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140530-00000005-biz_fsi-nb

開始当初は、突然ノーネクタイと言われて戸惑う人も多く、「ネクタイを外すだけ」というスタイルで、だらしなく見えがちな人も見かけました。
しかし、最近では認知度も昨年度で94.9%に上がり、「ファッション」と「エコ」の両面のビジネススタイルとして定着しています。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20140516/Jijico_9767.html

ビジネスのシーンでも「おしゃれ」に気を使う人たちが出てきているのは、
ある意味では日本人の感性の中に「余裕」が出てきたことの表れではないかと思います。

みなさんも、おしゃれに気を使えて、仕事の早い「オールインワン」なビジネスマンを目指していきましょう!

コメントを残す

Supported By


挑戦し続ける人となるために

ここ最近私はスランプに陥っている自分自身を赤裸々に描写した記事をいくつ

【作品解説】新作を4作追加しました

サイトに新作を5点追加しました。 作家自身が自分の作品の解説をす

「絵画における下地の話」と「感動できない体質になってはいけない」という話

このブログは「私自身を知ってもらう」という目的と「自分の思考を整理する

作家活動6年目を迎えて想うこと

私が絵画を中心として、本格的な活動を展開させようと志したのはちょうど今

現在の活動の現状と将来への布石

今年の末に「来年の抱負」のようなものを上げていたと思います。 あれは

→もっと見る

トップへ戻る ↑