*

転職活動の際、面接でよくある質問とは!?

公開日: : 最終更新日:2017/10/14 Sponsored

Supported by


転職活動での面接の際、質問に対する回答は就職活動とは違った回答を考えたほうがいいのかもしれません。

そこで今回は、転職活動での面接の際、質問に対するうまい答え方をご紹介していきたいと思います。

転職回数の多い場合の質問の答え方

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

転職回数が多い場合、必ずそこを突っ込まれてしまいます。
そういった場合の対処法にはいくつかあるようです。

転職回数が多い応募者の場合、募集企業が気にするのは「採用したとしても、すぐに辞めてしまうのではないか」ということです。ですから、転職回数が多いことや、短期で辞めざるをえなかった理由を自分なりに分析して説明してください。そして、今までの経験をふまえて、今度は長く続けたいという意志も伝えましょう。

http://next.rikunabi.com/qa/mensetsu/tenshokukaisu_setsumei.html

厳しい口調でこの質問をされた時、あなたが険しい表情になるようでは、回答内容が納得できるものでも対人関係が多い営業等では戦力にするのは難しいと判断します。 「確かに転職回数が多いと思いますが、私は、~という考えで転職をしてきました。今後は~」と採用担当者の主張を認めながら、表情を変えずに、冷静に自分の考え方を述べてください。

https://tenshoku.mynavi.jp/job/mensetsu_qa/07.cfm#QA_Wrapper1

転職理由は何ですか(なぜ前職を退職しましたか)という質問への答え方

ca58c53de522858694c1391741cbb244_s

これもキャリアアップを目指して、という理由ならともかく、
それ以外の理由の場合、ポディシブに考えていく必要があるのようです

新卒であれ中途であれ、転職によって去ろうとしている(去った)職場にも、何らかの目的や希望、つまり志望動機をもって入社したはず。ここで聞きたいのは志望動機そのものというより、キャリアプランや転職理由に整合性があるか?といった点です。
これが欠けていると前職を途中で投げ出したように判断されてしまう可能性もあり、場合によっては今回の志望動機の説得力が揺らいでしまうおそれさえあります。

http://doda.jp/guide/manual/4/002_02.html#a13

「退職理由」として聞かれるケースもありますが、いずれも言い換えれば「現状抱えている不満や不安などの“課題”を、転職によってどう解決したいか」であるといえます。
よく言われることですが、職場のグチや不平不満を述べるだけではNG。「どうせまたちょっとした不満で辞めてしまうのではないか?」と判断されてしまったり、「うちでも同じようなことはありえる話ですよ」といった突っ込みを受けてしまうことも少なくありません。「自分はこうしたい、しかし現在の職場では実現できない、ゆえに転職という選択肢をとった」といった明確な目的意識を伝えるべきです。また、当然ながら「なぜそれが御社でなら実現できるのか」の説明もつく内容であるべきでしょう。

http://doda.jp/guide/manual/4/002_02.html#a12

これを聞かれたら面接官はあなたに熱中している!?面接が有利に進んでいる時の質問とは!?

17dd5cad9b798e64423fed10294712bf_s

この質問を乗り切れば、あなたには内定の入り口が見えていると言ってもよいでしょう。

熱中している趣味はありますか?

あくまでも仕事を行ううえでふさわしい人材かどうかを見極めていますので、採用担当者との会話が盛り上がっても、 趣味に打ち込んでいるため有給を使いたい等、仕事をおろそかにすると思われるような発言は控えてください。

https://tenshoku.mynavi.jp/job/mensetsu_qa/09.cfm#QA_Wrapper1

入社可能時期はいつですか?

具体的な時期を回答するようにしましょう。 在職中であれば、面接前に退職に関して就業規則を確認し、引継ぎに要する期間を考えたうえで入社可能時期を回答できるようにしてください。

https://tenshoku.mynavi.jp/job/mensetsu_qa/09.cfm#QA_Wrapper2

内定を出したらご入社いただけますか?

採用担当者は、回答だけでなく、入社を承諾する際のあなたの表情をチェックし、本心かどうかを見極めています。 「ありがとうございます。ぜひ入社させてください」と明るく答える応募者に採用担当者は内定を出したいと考えるのです。

https://tenshoku.mynavi.jp/job/mensetsu_qa/09.cfm#QA_Wrapper3

いかがでしょうか?

上2つの質問は、転職活動中にの方に対しては必ずと言っていいほど出現する質問です。

転職活動中の皆さんは気を抜かず、しっかり転職理由などを熟考しておくほうが、
転職先を早く見つけることができるのではないでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Supported By


個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

昨今のアーティストへの問いかけ①「表現に責任をもて」

このサイトも随分長い間更新できていない状態が続いていました。 それは

→もっと見る

トップへ戻る ↑