*

あけのみつたか 略歴

Supported by

2012年4月 絵画制作活動を開始。
2013年8月 第98回二科展 入選
2014年
4月 HS芸術祭 入選
4月 東急ハンズが母体の絵画販売店での展示、販売活動を開始。
8月 第99回二科展 出展
9月 グループ展「ASOBI ISM(アソビイズム)」
11月 絵画販売店で人気作家ランキングにランクイン
2015年
初頭「薬膳&カフェ kawasemi」にて初個展
3月 東急ハンズ主催「門出展」
8月 第100回記念二科展 入選
2016年
2月 モナコ公国と日本国の共同文化事業である「モナコ・日本芸術祭 2016」に参加、モナコ公国レーニエ3世オディトリウムにて作品「大笑い」を展示
6月 個展「望月の宵の宴」
9月 ACT(The Artcomplex Center of Tokyo)「mini額展」
10月 WEB限定でVR技術を使った個展を開催 「望月の宵の宴」
2017年
1月 ACT(The Artcomplex Center of Tokyo)「ACTアート大賞展」
4月 銀座画廊 美の起原にて常設展示開始
4月 銀座モダンアートギャラリー 「ARTISTS' CAFE Vol.22」
8月 ギャラリーGK~GLH 「現代美術のススメ 東西交流展 2017」
9月 銀座モダンアートギャラリー 「ARTISTS' CAFE Vol.23」
10月 美の起原展2017 入選
12月 東京 東神田のギャラリー「エリアエー(AreaA)」にて 個展「Eternity」

主に油彩を中心とした独特の色彩技法を駆使し、独自の版画技法によって多作な制作活動を展開している。
「永遠」をテーマにした制作、展示活動を送っている。

銀座画廊「美の起原」、Thisi is gallery、Creema等で取り扱い中


公開日:

Supported By


夢日記で気づいた「夢の種類」と「夢の活用術」について

おそらく10年ぐらいだろうか、夢日記を付け始めてそのぐらいになる。元

「自分の表現に責任を持つこと」の意味と意義について

これからの作家に必要なことを挙げてみようと思う。 作家にとって

私のインスピレーションの淵源について

読書の習慣は発想が枯渇しないようにと始めたが、こと、絵に関しては絵

アートの存在意義とは

作家活動十年目にして今思っていること、これからやりたいことなどを端的

あけのみつたかのステートメント【深層心理のテーマ】

私は先日、9年前にこの道に入るきっかけとなったある事件を話しました。

→もっと見る

トップへ戻る ↑