*

ふと思ったのですが・・・

Supported by


今日、テレビで放映されていた画家さんのインタビューで、

「なんだかわからないものを描いてる」

というようなことを言っているところがあったのですが、
私としてはそんなことは当たり前だと思います。

IMGP0384

最初はよくわからないモヤモヤしたものが、
次第次第にこっちに近づいて来て、
ピントが合ったかのようにある日突然自分が描きたものがはっきりする。

私はその過程に非常に何とも言えない熱いものを感じるのです。

それは結局のところ何を描いているのか、そう言われれば、
一言で申し上げると、人の心、あるいは想いと呼ばれるものなんだろうと思います。

626969_24034608

自身の心を見つめることが出来るのは自分しかいません。
そして同時に他人に絶対見えないものというのは自分自身の心だと思います。

その心の燐片を、言葉で、動作で、表情で感じ取ることはできますが、
その燐片を感じ取れても、その香りを感じ取ることはできません。

作品を制作する際も同じで、燐片を感じ取れてもその香りを感じ取ることはできないのです。

watercolor-62983_640

心を描くということ、心をそのまま描こうにもそのままじゃ形がないから描きようがない。これをどうするか。

私達は多くの人に作品を見て頂く機会はあっても、その中の、ただ一人さえも、
その作品の真意に気が付かない場合もあるのです。

しかし、その香りを理解てくれる人が必ずいると信じて、
強く、筆を走らせなければならない時があると思います。

どうやら現在私が販売委託先として契約している所は、
抽象的な表現をあまり理解できない方が多いように感じました。

いや、もっと言ってしまえば日本全国、もっと言えば世界中の人々のほとんどが、
私が挑戦しいるところの表現というものを理解しえていないように感じました。

嘆かわしいことです。

世界中で、いや、日本という国を中心に起こっている流れというものを理解しなければいけないと私は思います。

そういうことでこれからは発表していく作品が、皆様にも『分かりやすい』内容が増えるだろうと思います。

コメントを残す

Supported By



「絵画における下地の話」と「感動できない体質になってはいけない」という話

このブログは「私自身を知ってもらう」という目的と「自分の思考を整理する

作家活動6年目を迎えて想うこと

私が絵画を中心として、本格的な活動を展開させようと志したのはちょうど今

現在の活動の現状と将来への布石

今年の末に「来年の抱負」のようなものを上げていたと思います。 あれは

昨今のアーティストへの問いかけ③「表現に限界を作るな」

一年ぶりにこのタイトルに立ち戻りました。 以前2回に分けてこの「

【2018年以降】今後の活動について

皆様こんばんは、こんにちは、あけのみつたかです。 今年は制作活動

→もっと見る

トップへ戻る ↑