*

更に作品を追加しました

公開日: : 最終更新日:2015/03/22 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション, 近況報告、その他

Supported by


皆様こんにちは、画家のあけのみつたかです。

今年に入って色々と世の中に発信され始めたエンターテイメント作品を眺めていると、
あることに気が付きます。

それは一言で申し上げると、「希望」を題材にした作品が多いことです。

アニメ作品、音楽、芸能界、TVドラマ、そういったものだけでなく、
絵画や古典式音楽にもそういった潮流が始まっていると思います。

これは経済的な危機や、政治的な危機に際して、
世の中が暗い世相を見せているものと対向するべく起こっている潮流ではないかと思っています。

「経済は生き物である」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。
それは、経済というものが発生する淵源は、国民一人一人の心から起こっているからではないでしょうか。

やはり芸術家、クリエイターと呼ばれる人は、
いついかなる時でも明るく素直で、
未来に希望を見出し続ける心を持っていなければならないと私は思っています。

その心を持って、類まれなる個性と表現力を持って、
世に対して明るい未来像を与えるというのが、芸術家の使命であると思います。

と、長い前置きはこのぐらいにして作品を先日追加した上にさらに追加いたしました。

回収、加筆したものも中には含まれております。

秋-草原と小さな庭-

酒を飲もうじゃないか!

どんどん大きなうねりになっているようですね。
どしどし作品を発表していける土壌ができつつあるようです。

これからは平静と安らぎの心を持って、作品を発表していきますので、
皆様も私の作品を見て、明日の希望と安らぎの心を感じ取っていただければと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Supported By


永遠の「今」を生きる

絵を描くことを自分の仕事しようと決意してから3年の月日が経ちました。制

個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

→もっと見る

トップへ戻る ↑