*

あけのみつたかのステートメント【風と空のテーマ】

公開日: : 最終更新日:2021/08/01 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション

Supported by


始めて空の雲の美しさに気づいたのは制作活動を始めてもう直ぐであった。

人にとって最も身近で普遍性のある画材として空は適任だったのだ。

ところが大半の人たちの反応を見てきて、空や風の存在を「有り難い」と思う人はまれだと気付いた

説教臭くなるのは避けたいところではあるが、風や空気そのもののように当たり前にあるものに感謝する人は少ないと思う。

感謝という言葉が平易で凡庸な言葉に感じるなら、それはこの世界が常に変化し続けていることに気づいていないのである。

日本はもともと温帯に属した気候であったが、最近ではやや熱帯の気候に近づきつつある。

そもそも、私たちが住んでいる日本列島すら、少しづつ動いているという。

尊大な話をしたいわけではないが、私たち人間に変化したくない気持ちはあれど、ところがどうして、私たちの住む社会も、地域も、身内の人間も、自分自身も常に変化し続けるのである。

諸行は無常であり、無常な生き方を肯定できないと、変化しない何かを見つけることはできないのだ。

そして、変化しない何かこそ、実は自分自身の本当の姿が隠れていることに気が付くようになるのである。

そういったことで、私の作品は、精神的な発展を求め続けている人にこそ是非見て頂きたいと思っているのである。

コメントを残す

Supported By


あけのみつたかのステートメント【深層心理のテーマ】

私は先日、9年前にこの道に入るきっかけとなったある事件を話しました。

あけのみつたかのステートメント【風と空のテーマ】

始めて空の雲の美しさに気づいたのは制作活動を始めてもう直ぐであった。

あけのみつたかのステートメント【海のテーマ】

以前片男波の海浜に行った時、一人で隆起している砂浜を上り海景をスケッ

あけのみつたかのステートメント

私、あけのみつたかが画家として活動を始めてもうすぐ10年の歳月が流れ

芸術の存在意義とは

人には言葉にできない領域というのがある それはどの人にも、必ず

→もっと見る

トップへ戻る ↑