*

作品を一旦手直しすることにしました

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション, 近況報告、その他

Supported by


皆様こんにちは、画家のあけのみつたかです。

先日個性についての話をして、私自身の作風というものをもっと強く打ち出していく必要があると思い、
今年制作した作品達を一度回収し、再度加筆後、販売していこうと思います。

やはり焦ってはならないと思うので、
もう一度自信の個性というものを見つめなおしてみなくてはならないと感じたのです。

新たに販売委託先となりそうなところも見つけましたので、
これからは視野を広くして、自分自身を貫いていこうと思います。

必ずや道は開けます。

たとえいかなる暗闇がたちはばかってこようとも、真実は絶対に死にません。

たとえいかなる苦しみが立ち現れてきても、真実の戦車は必ず、
この世界の一切の迷妄を打ち砕き、さらに進撃を続けていくのです。

日本という国の、芸術観を、しっかりと打ち立てなくてはなりません。
世界に名だたる芸術作品の根底には、理論的に確立された芸術観が流れています。

そうした世界の芸術と対比して、日本の芸術はバラバラになりすぎです。

もちろん、自由という名の新しい芸術観は、1960年台から起こった
アメリカのポップアートあたりから輸入されてはいますが、それが単なる猿マネでしか無いということは、
否定できません。

もちろん日本古来の伝統的な大和絵、水墨画、などなどあるわけですが、
それが江戸時代からほとんど進歩していない現状を見ても、やはり世界に輸出して、
それに耐えるだけの芸術観として、古い伝統を生かしつつ、新たなる芸術観を打ち出していく必要があるのです。

そのための私の活動があるのです。

真の芸術とは、単なる日曜の暇つぶしのためにあるのではありません。

真の芸術とは、人間を、人間から超えたものに目覚めさせるためにあるのです。

私の話は以上です。ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Supported By


個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

昨今のアーティストへの問いかけ①「表現に責任をもて」

このサイトも随分長い間更新できていない状態が続いていました。 それは

→もっと見る

トップへ戻る ↑