*

あなたは今の仕事の何が好き?仕事が好きな理由5選

公開日: : 最終更新日:2017/10/14 Sponsored

Supported by


先日辺りから、絵画、及びその他の仕事で収入が上がり始めたのですが、
その時に気になったのが、「自分の仕事が好きな人ってどれぐらいいるんだろう?」
という疑問でした。

やはり趣味とお仕事の境目は、収入が上がっているかどうかというのが、
今日の見解です。

そこで、あなたは今の自分の仕事が好きですか?
今回は「今の仕事が好き」と答えた人たちに、その理由を聞いてみました。

仕事が好きな理由:仕事を通して成長できるから

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

一番にこれが来るのは嬉しい事ですね。
皆さんも学生の頃から考えたら職業に就くことで成長できたところがあるのではないでしょうか。

1位は《仕事を通して自分が成長できるから》。

いくら学生時代にバイト等で就労経験があっても、社会人としてフルタイムで働きはじめてその責任感、重圧にあらためて気づかされることも多いものです。

http://ranking.goo.ne.jp/column/goorank/38766/

仕事の報酬とは、目に見えない報酬であり、以下の三つに集約されます。

「能力」「仕事」「成長」

「能力」とは、当然仕事をする上でよい仕事を残そうということで、能力が磨かれるでしょう。
「仕事」とは、能力を磨くことで、世の中に対して優れた「仕事」を残すことができるでしょう。
「成長」とは、仕事での困難を仲間と一緒に解決することで、一人の人間として「成長」していくことができるでしょう。

http://saikyo-shukatsu.com/2009/03/mindset-whybusiness.html

仕事が好きな理由:将来のためのキャリアアップになるから

ca58c53de522858694c1391741cbb244_s

これは特に将来のためのキャリアアップをして、独立なども目指しておられる方も多いのではないでしょうか。

2位は《将来やりたいことへのキャリアアップのために》。

終身雇用が当たり前だったかつてとは違い、日本でもキャリアアップのための転職が増えてきた昨今。
今の職場で着々とスキルや人脈を培って、より条件のいい会社、自分のしたい仕事に就きたいと考える人も多いのでしょうか。

http://news.ameba.jp/20140109-443/

今の職場で着々とスキルや人脈を培って、より条件のいい会社、自分のしたい仕事に就きたいと考える人も多いのでしょうか。
まずは就職先で仕事のノウハウを覚え、将来は独立するという野望を抱いている人も多いかもしれませんね。

http://ranking.goo.ne.jp/column/goorank/38766/

仕事が好きな理由:同僚が好きだから

d5b2312e2747ab36482d0f37002b7a1d_s

ある講演会で「冨とは人との関わりの多さに比例する」という話がありましたが、
その通りかもしれませんね。

職場を決めるときは、仕事内容や福利厚生に気を取られがちだが、「この人たちと一緒に働きたいかどうか」を考えることも大切だ。

http://irorio.jp/asteroid-b-612/20131125/90550/

この会社に残って頑張りたいと思う最大の理由は何か。

「仕事が嫌いでも好きな同僚がいて、職場やチームに一体感がある」。これが離職の可能性を低くする最大の要因という調査結果が明らかになった。

http://www.specialized-group.com/ja/articles.aspx?AID=13

いかがでしたでしょうか。
やはり人生の中で「仕事による成長」というのは大きなファクターを占めているように思います。

みなさんも自分の仕事が好きな理由を色々探してみてはいかがでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Supported By


個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

昨今のアーティストへの問いかけ①「表現に責任をもて」

このサイトも随分長い間更新できていない状態が続いていました。 それは

→もっと見る

トップへ戻る ↑