*

【新型iPhoneはより実用的に】iPhone6,iPhone6 Plusの美しい画像を集めてみた

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 Sponsored

Supported by


Appleの最新プロダクトの登場する講演会(Keynote)ではいつも観客をワクワクさせるための美しいプロダクト画像が用意されます。

またApple製品の画像は実際にプロダクトを撮影したものではなく、より精細に制作されたグラフィックを用いることで繊細な美しさを表現しています。

そこで今回は世間が新しいiPhoneの話題で盛り上がっている中、画家の目線で選別したiPhone6、iPhone6 Plus、Apple watchの美しいプロダクト画像や最新機能をご紹介していきましょう。

iPhone6の美しいプロダクト画像

今回の発表での目玉はやはりこれでしょう。皆さんの中にも「iPhoneに買い換えたいけど、新型が出るから我慢する!」という方も多いのではないでしょうか?

2

hero_xlarge

1

design_details_left_large

iPhoneのカメラはさらに精度を上げており、現在Keynoteでしか触ることができていないので詳細は不明ですが、レンズの開口部ƒ/2.2ということでより明るく、広範囲を精細に撮影が可能になったようです。

camera_left_large

優れたカメラをさらに進化させるためには、革新的なテクノロジーが必要です。だから私たちは、8メガピクセルのiSightカメラに、Focus Pixelsを搭載した新しいセンサー、進化した顔検出、露出コントロールといった機能を追加しました。

http://www.apple.com/jp/iphone-6/cameras/

Apple watchの美しいプロダクト画像

また、もうひとつの目玉として発表前から噂が絶えなかったのが、Apple初のウェアラブルガジェットである「Apple Watch」です。

こちらは主に側面ダイアルを押したり回したりすることで操作することで、タッチ操作よりもストレス・フリーな操作を可能にしたようです。

alloy_space_gray_large
alloy_stainless_black_large
alloy_stainless_large

各種著名なファッション誌でもApple Watchは話題に挙がっており、バーバーリー的だという声が多いようです。

「スイス製のアナログ時計の伝統的デザインにレトロフィットしたかのようなヴィジュアル」「腕時計のよう」

www.gizmodo.jp/2014/09/cafeglobeapple_watch.html

alloy_aluminum_large
alloy_gold_large
alloy_rose_gold_large

Apple WatchはAppleの挑戦?「カスタマイズ性」がポイント

本体カラーとベルトデザイン、ホーム画面のカスタマイズによっては数百万種以上のデザインが可能だという、アップル製品では初のカスタマイズ性の高さも特徴の一つです。

腕時計は毎日使用するデバイス。Apple Watchを使用する度に新しい気持ちになれるよう、Appleはウォッチフェイスにさまざまなタイプを用意し、ユーザーがカスタマイズできるようになっています。

http://gigazine.net/news/20140910-apple-watch-official-movie/

face_left_large

healthier_large

いかがでしょうか?巷では「iPhoneの新型はダサい」などという噂がささやかれていますが、新型のiPhoneが出るたびに言われていることなので気にはなりません。

やはりこういったギャラリーとして見せられるとApple製品は「美しい」ですね。

ベーシックなデザインと優雅な曲線美。Appleはこれからどのようにデザインの世界を牽引していくのでしょうか?今後の活躍に期待ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Supported By


永遠の「今」を生きる

絵を描くことを自分の仕事しようと決意してから3年の月日が経ちました。制

個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

→もっと見る

トップへ戻る ↑