*

今年の秋はアクセントとウォームトーンがポイント?2014年秋のファッショントレンドのポイント4選

公開日: : 最終更新日:2017/10/14 Sponsored

Supported by


今年の夏は冷夏ということで話題となりましたが、暑さはまだまだ強く、夏真っ盛りの頃よりは弱まりましたが、今も昼過ぎになると28~9度を超す地域もあるようです。

そこで今回は機能性も意識しながらいち早く取り入れておきたい「秋のマストアイテムのポイント」をご紹介したいと思います。

シンプルさが命!レディースファッションの基本は外さない!?

6442

一般的には「おしゃれ!」と言われるレディースのファッションは「シンプル」さが際立っています。

これは男性目線のファッションという意味ではなく、実際にオシャレに見えるファッションは洗練されており、余計なアクセントは控えることで「おしゃれさ」や「小慣れ感」が際立っていきます。

ファーでアクセントを付ける

IMG_0223

しかし、洗練されているということと単純なファッションは全く違うものです。アクセントを色やアイテムに散りばめ、飽きのこないファッションこそオシャレの醍醐味だ言えます。

今年は特にアクセサリなどにファーを使用したファッションがモードになっており、色で勝負がしにくい秋にはやはりファーでアクセントをきかせると効果的になります。

ウォームトーンで秋っぽさを演出

2013-fashion-High-Waist-Pleated-cotton-Shirred-Skirts-W3320

秋っぽさといえばやはり赤やベージュ系のウォームトーンが挙げられます。色温度の高いファッションを意識することでより一層秋っぽさが増してくるのではないでしょうか?

おすすめのウォームトーンはやはりベージュカラーですが、ところどころにダークレッドやカーキー色を入れることでアクセントを付けることができそうです。

機能性を意識しながら秋っぽさを演出する

20140703MLBRY_AW14_BAYSWATER_BUCKLE_DPS_300dpi

最近では機能性の高いファッションも多くなり、見た目には厚めのコートでも、通気性を高くすることで暑い季節にも対応したものや、逆に薄めのファッションで保温性の高いものもあります。

今年は冷夏でしたが、秋らしさを感じさせる朝や夕方は涼しいのですが、日中の最高気温が28~9度を越す場合もあり、なかなか温度調節が難しくなってきています。

そういう時は通気性のいい素材が使われたコートのなどを使用し、昼時の気温の高い時間を乗り切ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

Supported By


作家活動についての近況

皆さんこんにちは、あけのみつたかです。 ここ数年、作品制作の頻

芸術の存在意義とは

人には言葉にできない領域というのがある それはどの人にも、必ず

今年の振り返り【展示・販売編】

本来こういう形でマーケットの現状とか、展示・販売に関すること話をする

今年の振り返り【制作編】

今年は小さいながらも前進できた一年でありました。 まだ芽は出て

新しい芸術の方向性とは

以前私は「絵画と芸術の方向性とは」という内容を掲載しました。

→もっと見る

トップへ戻る ↑