*

スターウォーズ エピソード7 (Star Wars: The Force Awakens)の予告編が公開!ワクワクする予告編とネタ予告編まとめ

公開日: : Sponsored

Supported by


先日iTunesから正式にスターウォーズエピソード7(Star Wars: The Force Awakens)の予告編が公開されました。

今回の制作ではジョージ・ルーカス監督は一切関与しておらず、代わりにJJエイブラムズが監督、制作を指揮し、映像はディズニーピクチャーズが担当しています。

そのためオリジナルのスターウォーズとは少し雰囲気が変わってしまうのでは?と感じていたスターウォーズファンの方も多いのではないでしょうか?

そうしたファンたちの不安をよそに先日公開された公式トレーラーがこちらです。

オリジナルスターウォーズの「ワクワク感」は色あせていない?

先日公開されたこの予告編を見ると分かりますが、やはりCG独特の不自然な感じは抜けきっていないようですね・・・やはりまだまだCGという技術自体まだまだ発展途上なのかもしれませんね。

しかし監督が変わってしまってもジョージ・ルーカス制作のオリジナル・スターウォーズにあった「ワクワク感」は消えていないようです。

先日公開されたこの予告編の後、様々な形でジョークトレーラーが公開され物議をかもしています。

そこで今回はそのネタトレーラーの中から面白かったものや人気のものをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

マイケル・ベイが監督をしていたら・・・

こちらの動画はファンの方が制作した「もしもマイケル・ベイが監督をしていたら・・・」なスターウォーズのトレーラームービーです。

マイケル・ベイ監督はあの有名な「トランスフォーマー」の監督です。その他にも最近では「ミュータントタートルズ」などを監督し、話題となりました。

Trailer

やはりマイケル・ベイはド派手な爆発と不思議な効果音が特徴なのでしょうか?個性的すぎるトレーラーとなっています。

やっぱり本家ジョージ・ルーカス監督が一番?

そしてコチラはジョージ・ルーカスが監督をしていたら・・・なスターウォーズ エピソード7のトレーラです。

なんというかもはやネタ要素しかありませんが、あちこちに変な生き物がいたり、少しレトロな雰囲気の飛行船が飛んでいるあたりはジョージ・ルーカスっぽい演出なのではないでしょうか?

それにしてもトレーラー内のキャラの立ち位置が秀逸です。ネタとしても面白いので皆さん是非一度ご覧になってみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Supported By


永遠の「今」を生きる

絵を描くことを自分の仕事しようと決意してから3年の月日が経ちました。制

個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

→もっと見る

トップへ戻る ↑