*

キャンバスの張替え

公開日: : 最終更新日:2015/03/22 近況報告、その他

Supported by


皆様こんにちは、画家のあけのみつたかです。

最近油絵を大量に描くようになってから、キャンバスの購入が追いつかないという問題に直面しました。

このように大量にキャンバスを消費する状況の人は、キャンバスを張り替えて使う、また、発表の場においてのみ、

木枠を付けたままにすることをおすすめします。

こんな風に木枠に仮止めされたキャンバスに作品を描いていくのも楽しいと思います。

De_Gelder_zeuxis

そうすることいよって、安価に大量の作品、習作、練習を行うことができます。

ではでは、私が普段キャンバスの張替えの時に重宝しているツールをこちらで紹介しておきます。

・ヒッパラー

これはキャンバスの布を弛まないように止める時に必須の道具です。

・キャンバス生地

当たり前ですが、キャンバス生地です。

私はよく知らないのですが、サイズごとに切り売りされている場合と、

自分でカットする用の大きいサイズとがあるようです。

また、これは私からのオススメですが、布の素材は麻100%をおすすめします。

麻地ではない物もありますが(綿生地など)、キャンバスは裏地からも乾燥していくものなので、

厚塗りで重ねていった時に、乾く速度が麻地のほうが圧倒的に速いです。

またマニアックなものとしては、下地が塗られていないただの麻布も時々売っているようです。

・木枠

これはサイズごとに揃えることをおすすめします。

うまくできなかった場合、失敗作の場合は布を剥がすだけで済むので、普通にキャンバスを購入する場合と比べたら

8分の1~9分の1ぐらいの値段で新しいキャンバスを用意できます。

・タックス

これはヒッパラーで引っ張った状態のキャンバス生地を止める釘ですね。

ただ、私の場合、手が4本も無いので、両手で引っ張った状態でタックスを止める自信はないですから、

こちらのタッカーというでかいホッチキスを使います。

IMGP0419

一人で作業をする場合は、このタッカーを使うことをおすすめします。

以上の4点のツールを用意したなら、次にキャンバスを張り替えてきましょう。

私の場合、綿生地のキャンバスに作品を描いていたのですが、あまりにも乾くのが遅いので、

剥がして練習用の木枠にすることにしました。

IMGP0409

最初はマイナスドライバーでウンウン言ってタックスを剥がしていたのですが、最後は指でどんどん剥がしていけました。

IMGP0416

なんとか全部取り出せました。下にちょびっと写ってるのはダイソーのタックス針です。

IMGP0424

こんな感じで失敗作や、次々練習用に作品を描きたいと思う場合、布地だけ張り替えることで、画材のコストを軽減することできます。

ということで今日はキャンバスの張替えから、おすすめの道具をご紹介しました。ではでは~♪

コメントを残す

Supported By



「絵画における下地の話」と「感動できない体質になってはいけない」という話

このブログは「私自身を知ってもらう」という目的と「自分の思考を整理する

作家活動6年目を迎えて想うこと

私が絵画を中心として、本格的な活動を展開させようと志したのはちょうど今

現在の活動の現状と将来への布石

今年の末に「来年の抱負」のようなものを上げていたと思います。 あれは

昨今のアーティストへの問いかけ③「表現に限界を作るな」

一年ぶりにこのタイトルに立ち戻りました。 以前2回に分けてこの「

【2018年以降】今後の活動について

皆様こんばんは、こんにちは、あけのみつたかです。 今年は制作活動

→もっと見る

トップへ戻る ↑