*

【作品紹介】新作を7作公開しました

公開日: : 最終更新日:2019/02/03 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション, 近況報告、その他

Supported by


「画竜点睛を欠く」の故事に倣って、実力不足で至らぬ部分を補足したタイトルです。

この作品では雲の有機的な動きに対応するため、ほとんど筆を使わず指で描いています。完成までの試行錯誤の間、指が赤くはれあがったのを覚えています(汗)

去年の暮れ、興福寺に沈む夕日をスケッチした記憶から描いた情景描写。

この付近は私もよく歩き回っており、満月の浮かぶ奈良の小路はひときわ魅力的に映り、スケッチを参考に満月の夜の奈良の小道を歩んだ情景を描いています。

こちらも上作の続きとして描いた作品。餅井殿の通りからは興福寺の五重塔は見えませんが、少し歩けば見える距離にあります。こちらも満月の浮かぶ夜の情景のみを記憶して描いている作品です。

もともとは夕日と海と下の海洋生物は別々の絵だったのですが、海の生々しさというか、海底に巣くう生き物を捕まえ、間近で観察する機会を経て「海の潮の香り」を表現したく描いたものです。

海岸線をずっと独りで歩いていると、まるで自分がこの世の存在ではないように感じ、海岸線と海の境は此岸と彼岸を隔てる境界線のようにも見えるのです。

精神的な解放感を描いた作品。

五月の陽射しの強い夏日。クルーザーに乗って海をぐるりと廻る機会があったので、なりふり構わずスケッチに、船のデッキの上を奔走したのを昨日のことのように感じます。

この絵に描かれている船はただの漁船ですが、クルーザーの横を勢いよく横切り、波と潮風が涼しく感じるひと時でした。

コスモスの切り花を描いた習作。習作のつもりだったのが手が込んでしまい、タブローとして小さな額に入っています。

この絵を描き終え、出来心でコスモスの切り花に「ありがとう」といった瞬間、しおしおと生気が抜けていくのがはっきりと分かり、その後10分と持たずに枯れていってしまいました。

冬の夜の平城宮。霧に包まれて幻想的であったので時間を気にせず描いていました。

夢中になって描いていると、いつのまにやら警備の方がじっとこちらを見ていましたが、絵を描いていると納得するとそのまま霧の中へと消えていきました。

満月の浮かぶ霧の中、植えられて立ち木たちが、墓標のように物言わず立ち尽くしていたのが印象的です。

コメントを残す

Supported By


果てしない未来の話

冬の肌寒い時期、どうしてもこの季節は、哀しい気持ちになりますそれは

2018年の振り返りと来年の抱負

今年もあとわずかとなりました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

【作品紹介】新作を7作公開しました

? 「画竜点睛を欠く」の故事に倣って、実力不足で至らぬ部分を補

才能とは何か

あっという間に11月です。今年は展示活動をネットで公開する程度に控え、

挑戦し続ける人となるために

ここ最近私はスランプに陥っている自分自身を赤裸々に描写した記事をいくつ

→もっと見る

トップへ戻る ↑