*

Supported by

「 近況報告、その他 」 一覧

新しい芸術の方向性とは

以前私は「絵画と芸術の方向性とは」という内容を掲載しました。 その中で、「未来の芸術とは、これから起こる社会の動向や芸術家達の内面とを比較することで検証できるのではないか」ということをいってい

続きを見る

号単価改訂のお知らせ

作品、並びに作家様へご贔屓頂いておりますお客様、常日頃、御愛好頂き誠にありがとうございます。 作品の販売号数について、以下の通り改訂させて頂くことをお知らせいたします。 2018年4

続きを見る

2018年の振り返りと来年の抱負

今年もあとわずかとなりました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 私自身は非常にさっぱりとした、憑き物の取れたような気分であります。 なぜかというと、今年は私にとって制作の大きな転換点となった

続きを見る

【作品紹介】新作を7作公開しました

? 「画竜点睛を欠く」の故事に倣って、実力不足で至らぬ部分を補足したタイトルです。 この作品では雲の有機的な動きに対応するため、ほとんど筆を使わず指で描いています。完成までの試行錯誤の間

続きを見る

挑戦し続ける人となるために

ここ最近私はスランプに陥っている自分自身を赤裸々に描写した記事をいくつか投稿しておりました。 事実スランプ状態にありましたし、「何をするべきか」と自問自答しながら、ヒントのない迷宮をさまよっているよ

続きを見る

【作品解説】新作を4作追加しました

サイトに新作を5点追加しました。 作家自身が自分の作品の解説をするのはある意味では「苦行」だなと感じているのですが(笑)、やはり理解が多少深まった方が作品としての奥行きが深まっていきますので、今

続きを見る

「絵画における下地の話」と「感動できない体質になってはいけない」という話

このブログは「私自身を知ってもらう」という目的と「自分の思考を整理する」という二つの目的で運用しています。 他に目的があるとすれば「広告収入で制作費用の足しにする」といったところでしょうか。クリ

続きを見る

作家活動6年目を迎えて想うこと

私が絵画を中心として、本格的な活動を展開させようと志したのはちょうど今から6年の前になります。 その頃は、まだ制作活動とはなにかも知らず、作家とはどういった仕事なのかも知らず、世間のことも、おぼ

続きを見る

現在の活動の現状と将来への布石

今年の末に「来年の抱負」のようなものを上げていたと思います。 あれは去年東京で一年間展示を経験して感じたことの率直な感想だったのですが、今は少し俯瞰して考えています。 そこで今回は私自身の現状の制

続きを見る

【2018年以降】今後の活動について

皆様こんばんは、こんにちは、あけのみつたかです。 今年は制作活動の傍ら、展示活動に注力し、数々の企画展に参加させて頂くこともでき、現在開催中の拙作の個展「Eternity」なども無事開催すること

続きを見る

Supported By

新しい芸術の方向性とは

以前私は「絵画と芸術の方向性とは」という内容を掲載しました。

no image
号単価改訂のお知らせ

作品、並びに作家様へご贔屓頂いておりますお客様、常日頃、御愛好頂き

果てしない未来の話

冬の肌寒い時期、どうしてもこの季節は、哀しい気持ちになりますそれは

2018年の振り返りと来年の抱負

今年もあとわずかとなりました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

【作品紹介】新作を7作公開しました

? 「画竜点睛を欠く」の故事に倣って、実力不足で至らぬ部分を補

→もっと見る

トップへ戻る ↑