*

Supported by

「 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション 」 一覧

個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年の個展「望月の宵の宴」から一年以上描き続けた、未発表作を含めた20作品を用意しております。 時代を越えても人気が高い作品に共

続きを見る

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々な方法を試し、自分の生きる道を探してまいりました。 また作品自体にも様々な工夫を凝らし、版画の新手法である「RG」などの開発

続きを見る

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまばらで、少し冬の寒さの残る時分であったと思います。その時、私は「芸術」というものを基準に人生を構築していくことを決意しました。

続きを見る

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続きということになります。 おそらく一部の絵描きの方は以前の文章を読んで驚かれたのではないかと思います。 「こんな意見があ

続きを見る

昨今のアーティストへの問いかけ①「表現に責任をもて」

このサイトも随分長い間更新できていない状態が続いていました。 それは単に私が忙しいということだけで滞っていたわけではなく、新しい春を迎えることを待ち望んでいるという意味での沈黙であったわけです。

続きを見る

あけのみつたかの表現理念

作品の展示や販売を始めて2年半、作品制作を始めた時から数えると4年半、あと数ヶ月すれば5年になります。 客観的に見れば非常に短い時間で駆け上がってきた、と感じられる方が多いことと思います。 しかし

続きを見る

それでも人は星をみる

先日作品アーカイブをまとめながら、来年以降の活動方針をまとめておりました。 その中で私自身の制作態度というものが大きく変わってきたな、という印象を受けております。 というのも、私は元々内的

続きを見る

「夢を実現する」とはどういうことか

私がアートの道を歩もうと決意してから、4年の歳月が流れました。 この4年間、私は「誰も理解させることができない」という孤独に耐え続け、「誰にも見せることのできない世界」と一緒に歩んでまいりました

続きを見る

作品を販売再開しました

作品の販売やサイトの更新が滞っていました。制作に熱中しすぎてなかなか触ることが出来なかった次第です。 5月を迎え、日差しが強く照りつけるようになりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

続きを見る

新作を3作公開しました

サイトに新作をアップしました。 三点ありますが内二点は新しい技法で描かれた作品です。 今までの経緯とこれから これで今まで発表した作品は52作品となりました。

続きを見る

Supported By

芸術の存在意義とは

人には言葉にできない領域というのがある それはどの人にも、必ず

今年の振り返り【展示・販売編】

本来こういう形でマーケットの現状とか、展示・販売に関すること話をする

今年の振り返り【制作編】

今年は小さいながらも前進できた一年でありました。 まだ芽は出て

新しい芸術の方向性とは

以前私は「絵画と芸術の方向性とは」という内容を掲載しました。

no image
号単価改訂のお知らせ

作品、並びに作家様へご贔屓頂いておりますお客様、常日頃、御愛好頂き

→もっと見る

トップへ戻る ↑