*

Supported by

「 あけのみつたかの表現哲学・キュレーション 」 一覧

作品を一旦手直しすることにしました

皆様こんにちは、画家のあけのみつたかです。 先日個性についての話をして、私自身の作風というものをもっと強く打ち出していく必要があると思い、 今年制作した作品達を一度回収し、再度加筆後、販売して

続きを見る

クリエイターにとっての個性とは何か

先日頂いたブログのコメントで、「いかに個性を出すか」ということについてお話をしたので、 今回は画家にとっての個性という話をしてみたいと思います。 まず、私は、個性というものを、 いたずらに発

続きを見る

ふと思ったのですが・・・

今日、テレビで放映されていた画家さんのインタビューで、 「なんだかわからないものを描いてる」 というようなことを言っているところがあったのですが、 私としてはそんなことは当たり前だと思い

続きを見る

作品を販売開始しました

皆様こんにちは、あけのみつたかです。 ついに世の人に作品をお見せする機会がやって来ました! 作品の販売委託先が決定いたしまして、早速先月辺りから準備をしていたのですが、 やっとこさその機

続きを見る

Supported By


永遠の「今」を生きる

絵を描くことを自分の仕事しようと決意してから3年の月日が経ちました。制

個展のお知らせ『あけのみつたか 第二回個展「Eternity」』

■あけの みつたか 個展「Eternity」 2016年

アーティストの制作活動とそのモデルについて

私が画家として道を歩み始めてもうすぐ6年経ちます。 その間、様々

孤独の海にいる君へ

私が制作活動を始めて、もうすぐ5年になります。 まだ桜の花もまば

昨今のアーティストへの問いかけ②「作品を客観的に見れているか」

以前私は「表現に責任を持て」と題してお話をいたしました。今回はその続き

→もっと見る

トップへ戻る ↑